2010年05月10日

<B型肝炎訴訟>閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ(毎日新聞)

 集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者らが国に損害賠償を求めている訴訟で、政府は9日、札幌、福岡両地裁で3月に出された和解勧告に応じる方針を決めた。原告側は既に、和解協議入りを表明している。札幌地裁の次回期日の今月14日以降、協議が始まる見通しだが、救済範囲や補償額などを巡る双方の主張は隔たりが大きく、早期の全面解決につながるかは不透明だ。

 9日は鳩山由紀夫首相や仙谷由人国家戦略担当相、長妻昭厚生労働相ら関係閣僚が首相公邸で協議。首相から救済範囲の考え方について質問があり、長妻氏らが複数のパターンを説明したという。長妻氏は協議後、「最終決定ではないが、早期解決を目指す意識は共有できた」と説明。一方で、国側が14日に救済範囲など具体的な条件を示すことは困難との認識も示し、裁判所の指揮下で救済の枠組み作りを進めることになる見通しを語った。

 予防接種によるB型肝炎ウイルスへの感染を巡っては、最高裁が06年6月、ウイルス感染の危険性を認識しながら注射器の使い回しを放置したとして国の責任を認め、北海道在住の5人の勝訴が確定した。しかし、国が患者の一律救済に応じなかったため、08年3月に道内の別の5人が提訴。その後も提訴が相次ぎ、東京や大阪、広島など全国10地裁で420人(家族ら10人含む)が係争中だ。

 原告側は、予防接種が原因と推定される患者全体の救済を求めている。しかし、国側は財源の問題などから、母子手帳で接種記録が確認できることなど感染経路の厳格な証明にこだわっており、協議は難航も予想される。

 弁護団によると、原告のうち36人が肝がんになり、286人は肝硬変や慢性肝炎を発症。原告・弁護団は和解による早期の全面解決を訴え、11〜12日に東京都内で集会や街頭活動を行うとともに、与野党幹部らとも面談して政府への働きかけを求める。【佐々木洋、青木純】

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:原告が抗議行動…厚労相面談拒否で
B型肝炎訴訟:札幌地裁が国・患者側に和解勧告 全国で初
B型肝炎訴訟:大阪も和解へ
B型肝炎訴訟:遠い解決 札幌地裁、初の和解勧告から1カ月
B型肝炎訴訟:早期解決を求め、福井でも街宣活動 /福井

法律相談めぐり綱引き 「士業」が連携サイト、弁護士増に対抗(産経新聞)
年長フリーター防げ!今春高卒、行政が支援(読売新聞)
米海軍「真珠湾以来の大敗北」 図上演習で衝撃の結果(産経新聞)
大阪・枚方市職員を万引容疑で逮捕 約2万6千円相当(産経新聞)
住宅ローン名目4680万円詐取容疑、組員ら4人逮捕(産経新聞)
posted by モリオカ キハチロウ at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

<恐喝容疑>車に赤色灯付け警官装い 59歳男逮捕 茨城(毎日新聞)

 スピード違反を取り締まる警察官を装い現金を脅し取ったとして、茨城県警水戸署は8日、同県那珂市飯田、建築業、大津建次容疑者(59)を恐喝容疑で逮捕した。同署によると、白色の普通乗用車に覆面パトカーで使われるような赤色灯を付けニセ取り締まりを実施したという。

 容疑は、6日午後8時15分ごろ、水戸市内の市道で、40代主婦を脅し、現金5000円を奪ったとしている。主婦の運転する車の後方で赤色灯を点灯して車を停止させ、警察署の所属と階級が書かれた偽造名刺を示して「スピード違反だよ」と自分の車に呼び込んだうえ「なかったことにするから、あなたもリスクを背負ってください。金銭的なものとか、肉体的なものとか」と脅したという。事件があったのは「春の全国交通安全運動」の初日だった。

 警察手帳の提示を求めたが見せなかったため、主婦が不審に思い、車のナンバーの一部を覚えて後で署に連絡した。

 大津容疑者は容疑を認めているという。他に周辺で同様な被害がないか調べている。【杣谷健太】

【関連ニュース】
日本医師会館:火災、実は職員の不注意
脅迫:ネットで参院選候補 容疑の男出頭 書類送検へ
宅八郎氏:不起訴処分に…神戸区検
脅迫文:兵庫県庁と神戸朝鮮高級学校に 高校無償化巡り
恐喝未遂:「ステレオポニー」の掲示板で現金要求 男逮捕

保健師個人を対象とした初の全国調査―日看協(医療介護CBニュース)
まるで合コン…首相、夕食会でオバマ隣席を狙う(産経新聞)
<北海道4歳児虐待死>否認の男に懲役8年 旭川地裁判決(毎日新聞)
突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ (産経新聞)
気象庁観測課係長、スリ未遂で現行犯逮捕(読売新聞)
posted by モリオカ キハチロウ at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

<雑記帳>「アキヒメ」で支笏湖の新ご当地グルメ(毎日新聞)

 北海道・支笏湖の新しいご当地グルメ「支笏湖アキヒメ温玉ライス」が誕生する。名産の「アキヒメ」(産卵を終えたヒメマス)をフレーク状にして混ぜたご飯を使っており、湖水開きの11日から周辺の飲食店など9店で販売される。

 活火山の樽前山が近くにあるだけに開発責任者、佐々木義朗さんのこだわりは温泉卵。「溶岩が流れ出るように」とライスの中に仕込み、湖をイメージしたあんや森に見立てたサラダで支笏湖を表現した。

 6000食限定(945円)。味付けは各店に任されており、和風から洋風まで工夫を凝らす。佐々木さんは「いろんな支笏湖を食べに来て」。【円谷美晶】

【関連ニュース】
雑記帳:松阪牛VS輸入肉 香り豊かなのは?
万能川柳:政治家になくてお猿にある気品
ファーマーズ・マーケット:ビジネス街で特産品PR 東京・丸の内で開催
青空市場:国産食材、ビジネス街から発信 丸の内で販売
駅弁季語:どんぶり子〜JR函館線ほか・旭川駅(北海道)

橋下知事が昨夏の各党マニフェスト採点を公表 民主党に「高くつけすぎた」(産経新聞)
郵便局強盗で8日に再逮捕=DNA型一致、都内の男−京都府警(時事通信)
居酒屋ねらって空き巣 男を逮捕(産経新聞)
希望ナンバー、名古屋「・111」など抽選に移行へ(レスポンス)
<自民党>鴻池元副長官、新党に参加せず(毎日新聞)
posted by モリオカ キハチロウ at 01:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。