2010年05月18日

大学講師が「リポート代行業」…“回数券”も(読売新聞)

 桃山学院大学(大阪府和泉市)の英語講師の男性(44)が、自身のホームページ(HP)で、学校で出された課題の英語のリポート作成や和訳などを有料で請け負う呼びかけを行っていたことがわかった。

 講師は、読売新聞の取材に対し、「講師になってからは依頼を受けていないが、不注意だった」と釈明している。同大学は「非常に遺憾な行為」として調査する方針。

 HPによると、「宿題をする時間のない方、リポート提出に追われている方、下記料金で代行します」などと記載。リポートや作文の添削などは1件1500円で、2人以上で利用する場合や1年間に10回以上利用する場合は割引料金を設定していた。

 講師によると、企業で翻訳などの仕事をしていた約3年前から始め、これまでに大学生や専門学校生らから十数件の依頼を受けたという。今年4月から同大学で働き始め、知人から「教壇に立つのであれば、HPを改めたほうがよい」と指摘されたが、忙しくてそのまま放置していたという。同大学は、今後の対応や処分を検討する。

全裸状態で横浜の川に浮かんでいた女性遺体、殺人と断定/神奈川県警(カナロコ)
「国民ID」13年までに導入、20年には医療・介護のIT基盤を確立(医療介護CBニュース)
<始祖鳥>飛べなかった…翼で体重支えきれず 英チーム結論(毎日新聞)
<俳句塾>ニューヨークで最終回(毎日新聞)
税収に応じて政権公約変更…民主党研究会(読売新聞)
posted by モリオカ キハチロウ at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。